アルカス大橋さんも東邦化研工業の
燃料でフライトを楽しんでいます。
使用燃料:SUPER FUEL 500SP
 
 
今日は大変暖かい飛行機日和でした。
朝の間、昨日の雨がサーマルとなって上昇していくのが見えました。
今日はいつも飛ばしているFA-50搭載のニューポールと、FA-50G搭載アントアネットと珍品スーパーチャージ4スト10エンジンFX-10搭載の小型複葉機を、久しぶりに持参SF-20燃料で快調に飛行しました。
 
 
 
水ぬるむ季節となりました。
103年前の航空黎明期フランスのドペルデュッサン1910のRC模型飛行機です。
 
 
 
今日の利根川・成田MRCは曇り北の風で寒かったです。
改造MIG-8力強く飛びました。
 
 
 
MIG-8 前回の飛行で重心位置を少し前にする必要がありました。すでにかなりの錘を積んでいるので更なる追加は気が重いです。。。。
錘にも仕事をしてもらうことに…数百グラムの鉛の代わりに3S2200mALipoを積み機首にモーター1個、プロペラ8×6を取り付け離陸時の推力増加になるか?
ハイブリット双発MIG-8改となりました。今日は風も強かったがテストフライトは無事出来ました。塗装を直して次回のフライトが楽しみです。
 
 
 
昨夜は凄い風が吹き荒れていましたが今日はすっきり晴れて日陰を探すほどの暑さとなりました。MIG-8の調整飛行をしました。製作してから12年色々なエンジンやセッティングで飛ばしています。
 
 
 
3月17日成田MRCにてミグ8とグラマンF3Fを飛ばしました。両機とも製作して12年と7年の老兵です強風の利根川上空を元気に飛行しました。
 
 
 
3月3日の日曜日は朝は強風でしたが次第に止みフライトを楽しめましたが曇りで寒かったです。モランソルニエのエンジン調整を終了予定でしたが指先の感覚が鈍く完了できませんでした。
今日3月5日 風は終日強かったが天気が良くモランソルニエNとアブロ504のエンジン好調となりました。アブロに搭載のORX3軸ジャイロも調整して機体とマッチングし強風中を快翔しました。

(C) 2004, TOHO KAKEN MANUFACTURING INC. All rights reserved.