ラジコン用燃料 <FAQ>
東邦化研工業製のラジコン用燃料に関する質問と回答を掲載致しました。参考にして楽しいラジコンライフを満喫して下さい。

【どのような燃料を選んだらよいのでしょうか。】
Q-1   ラジコン飛行機を始めようと考えていますが、どのような燃料を使えば良いのでしょうか。
A:   初心者の方でしたらニトロが15%でオイルが20%以上配合されているものが扱い易い燃料です。特に当社の製品SP-15が価格を含めお勧めです。余談ですが、車でしたらニトロが20%でオイルが10%以上配合されていてヒマシ油をベースとした燃料が良いでしょう。
 
【1年前に購入した燃料ですが。】
Q-2   飛行機用の燃料を1年前に購入したのですがまだ未開封です。この燃料を使用することはできますか。
A:   購入後1年以上経過したものでも未開封で有れば使用できます。さらに燃料自体が外気に接触していなければ2年位は使用可能です。但し、一度開封した燃料は外気の水分と反応して酸化等の劣化を起こしてしまい、使用できる期間が短くなってしまいます。
 
【ラジコン燃料の成分は?】
Q-3   化学的なことに関してあまり詳しくないのですが、参考のためラジコン燃料の成分を教えて下さい。
A:   ラジコン燃料の構成は次のようになります。ニトロメタン、メタノール、潤滑剤、酸化防止剤、防錆剤となっております。また当社の燃料は品質を保持するためニトロメタンは米国で精製されたものを使用しています。
 
【飛行機用の燃料は他のラジコンでも使えますか?】
Q-4   飛行機用の燃料を持っているのですが、車の燃料として使用することはできますか。
A:   飛行機用の燃料を車の燃料として使用することはお勧めできません。当社の販売している燃料は各ラジコンの使用に適した潤滑剤や配合にしています。但し、燃料の種類によってはヘリコプターと飛行機で共用できる燃料が有ります。(SFシリーズ/FHシリーズ/Rシリーズ/SPシリーズ)
 
【一度設定したエンジンのニードルの位置を変えたくない。】
Q-5   燃料の粘度が季節ごとに変わりニードルの設定が変わるので、年間を通して設定を変えない方法は有りますか。
A:   非常に難しい質問です。燃料の種類や特性、エンジンの構造等でニードルの設定をまめに変える必要が有ります。夏季の場合はオイルの成分や含有量等の影響で粘度が低くなる燃料があるため、ニードルが閉め気味の設定となってしまいます。また、冬季は、逆に燃料の粘度が高くなるのでニードルの設定が開け気味となります。
競技などに出られる場合も年間を通して気候と燃料の特性に合わせたエンジンの調整をすることが必要となってしまいます。しかし、週末や休日等でフライトのみを楽しまれる場合は、夏季と冬季で多少ニードルの設定変更は有りますが、オイル分が多めのSF-15RやSF-23Rのような燃料を使用することでニードルの設定を年間を通して開け気味にして、エンジンに負担の掛らないフライトをさせることができます。
 
【エンジンの違いで燃料を変える必要は有りますか?】
Q-6   幾社のエンジンが販売されていますが、2サイクルと4サイクルのエンジンでは燃料を変えたり、使い分ける必要は有りますか。
A:   メーカーによっては4サイクルのエンジンの中に特殊な構造をもつ物が有り、燃料流入経路が複雑になっていてオイル分の多い、粘度の高い燃料はエンジンがなかなか始動しないことが有ります。また、燃料の供給を最適化する装置が組み込でいるエンジンも同様で粘度の高い燃料ではエンストやオーバーヒート等の不具合を引き起こす場合が有ります。但し、このような特殊なエンジン構造でなければ、同じ分類のラジコンで2サイクルでも4サイクルでもエンジンのサイズ、フライトの目的や方法に違いが無ければ、燃料を変えたり使い分ける必要は有りません。
 
【燃料を自分で作りたいと考えていますが。】
Q-7   自分の好みの燃料を作りたいと考えていますが、材料を売って頂くことはできますか。
A:   ラジコン用の燃料の原材料は特殊なものが多く、保管する量や方法、販売等に関する法的な規制が厳しく、単体でお売りすることができません。
 
【異なる燃料を混合することができますか?】
Q-8   ニトロメタンやオイルの配合量を変えたいと考えていますが、違う燃料を混ぜて配合の比率を変えることができますか。
A:   同じシリーズの燃料を混ぜて好みの配合の燃料を作ることはできますが、違うシリーズの燃料は、特性の違う潤滑剤等が使用されていますのでお勧めできません。
 
【燃料を直接購入したいのですが。】
Q-9   燃料を東邦化研工業化から直接購入することは可能でしょうか。
A:   燃料の購入については、弊社から直接購入することはできません。お客さまへアドバイスをして頂けるラジコンショップ又はラジコンショップの通販からとなります。
 
【フライト後燃料タンクに燃料を入れたままですが。】
Q-10   ラジコン飛行機を飛ばしたのですが、燃料が残ってしまったので燃料タンクに入れたままにしていますが、問題は有りませんか。
A:   フライトした後の燃料をタンクに入れたままにしますと燃料が劣化してしまい性能に影響したり、エンジンの不具合を発生させてしまいます。できれば燃料を抜いて下さい。また、抜いた燃料は同じ燃料缶に戻さずに別に用意した空の燃料缶やシンナー用の缶に保管して下さい。一度使用した燃料は酸化等の化学変化の促進の原因となります。
 
【燃料はどのような場所に保管したらよいのですか。】
Q-11   燃料を購入したのですが、どのような場所に保管したら良いのでしょうか。
A:   購入した燃料は、早く使い終えて頂くのが良いのですが、なかなか使い切れない場合 は湿度や直接太陽の光の当たらない温度変化の少ない冷暗所、子供の手の届かない場所、また、人のいる家屋での保管はお勧めできません。
 
【ヘリ用の燃料ですが視認性を良くする方法は?】
Q-12   東邦化研工業のラジコンヘリ用の燃料ですがフライト中のタンクの残量が判り辛いのですが、良い方法を教えて下さい。
A:   東邦化研工業では燃料の視認性を良くする着色剤としてTHCアドカラーをご用意しております。使用方法は当社ホームページのRC用燃料のその他に掲載しています。また、色の濃さは任意で調整することができます。
 
【今使っている燃料に中速からの伸びがない。】
Q-13   東邦化研工業のSFシリーズの燃料を使用していますが、エンジンが中速から高速までの吹きあがりは良いのですが、プロペラのサイズを少し大きめにすると中速以上の回転の伸びが良くないのですが。
A:   SFシリーズはオイルが20%の燃料でエンジンを高回転で回るように配合した燃料です。トルクが必要な場合はFHシリーズ、Rシリーズ、Rシリーズの廉価版SPシリーズがお勧めです。
注)プロペラのサイズはエンジンメーカー推奨のものを使用して下さい。必要以上大きなサイズのプロペラはエンジンに大きな負担を与えます。
 
【競技用に使える燃料は】
Q-14   東邦化研工業の燃料で公式競技に使える燃料に何が有りますか。
A:   東邦化研工業ではFAIの公式競技で使用できる燃料は以下のようになります。
@F3A:FAI 20−20 / SF−20 / SF−15(飛行機用)
ARCパイロン:ストレート(飛行機用)
※大会の公式燃料はルールの改定によって更新されることが有りますので詳細については主催者側に確認をお願いします。
 
【燃料が変色しているのですが。】
Q-15   新品で購入した燃料が以前購入した燃料より黄色く変色していました。未開封の状態の燃料が悪くなることは有りますでしょうか。
A:   新品で購入された燃料が変色しているとは思われませんが、いくつか考えられる要因が有ります。

@購入した燃料が古かった。
通常ラジコン用の燃料は密閉された状態(未開封)の状態で有れば2年位は変化を起さないので使用することはできます。製造日の確認は缶の裏側に23.12.15のように平成の年号で記載されています。
※燃料は1年以上保管していますとオイルの成分の色が強くなっていくことも有りますが、燃料として問題は有りません。

A燃料缶の不良(内面コートの不良)や缶の溶接不良。内面コートの不良により直接燃料が缶に触れてしまい、時間経過とともに酸化を起し燃料が使えない状態になってしまった。

B 缶の溶接不良により接合部分に錆が発生して酸化を起してしまい燃料が使用できない状態になってしまった。

注)燃料は空気中の水分に敏感な物です。ラジコンを使用しているときは必ず燃料の缶の蓋を閉めて下さい。また、一度使用した燃料は燃料缶には戻さないでください。

(C) 2004, TOHO KAKEN MANUFACTURING INC. All rights reserved.